FC2ブログ
3年連続オール5の奇跡を起こせ!!地方公立中3生、にゃん太の学習記☆
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
3年間オール5で卒業しました
2012-03-25 (日) | 編集 |
すごーーーく間があいてしまいました。
思うことその(2)を書こうと思っていたのに、すみません、
何を思っていたのかすら忘れてしまいました・・・(-_-;
あの後は入学説明会、確定申告、学年行事、卒業式、そして入寮の準備
あれこれと、怒涛の1ヶ月を過ごしていました。

にゃん太は今月の中旬に、中学を卒業しました。
そしてそれに先立ち、頂いた通知表には、全部5が並んでいました。
各観点、オールAのオール5でした。

120325

・・・ま、オールAは先生方のご祝儀評価(?)かと思われます(笑
だって進路も決まり、いまさらBをつける意味、ないですからね。

3年連続オール5を取る!!というにゃん太の目標は、見事達成されました。
わが子ながら、よくやったな〜〜と心から思います。

にゃん太は春から親元を離れ、高専に進みます。
同じ学力の子達が並ぶ中、きっと今まで見たことのないような成績表が
送られてくることでしょう。高専では学科の中でトップ5に入ることを
目標にしているようです。中学以上にレポートや各提出物の評価が
重く厳しくなるようですが、それらの重要性を誰より認識している
にゃん太なので、その点については全く心配していません。

これからますます学力重視の選抜方式が採用され、内申による評価は
低くなってくるような報道が増えています。

それでも私は、学生である以上、「よい成績を修める」ことを目標に
することは、当たり前じゃないかと思うのです。

(例えやりたくないようなものでも)与えられた課題をこなす、きちんと
期限を守って提出する、求められる結果を点数として出す。
そしてそれらに対して評価を受ける。

こんなことは社会に出れば当然のこととして求められることで、こういった
ことが「当たり前に」出来るようになるために、学校に行くんじゃないかと
思うのです。

テストの点数がイイだけなら、学校に行かずに塾で勉強すればいい。
学校は、社会人になるために必要な力を身につける場所であると、私は思う。


-----
このブログをどうするかは、まだ考えていないのですが、しばらくは
このまま置いておくつもりです。入学式が終われば、一息つけますし、
お店もちょうど暇な時期に入るので、時々は書き込みするかもしれません。
コメントのお返事なども、気長にお待ち頂ければ、出来ると思います(^^)





スポンサーサイト




合格しました!・・と思うこと(1)
2012-01-24 (火) | 編集 |
ご報告がちょっと遅れてしまったのですが、
にゃん太、先日早々と推薦入試が行われ、無事合格して
おりました〜〜〜♪

ご心配・応援下さった皆様、ありがとうございました!


実はにゃん太、面接で大失敗をやらかし(>_<
面接官の先生方の失笑を買う(しかも2度)という事件があったので、
発表があるまで生きた心地がしなかった(というか、正直もう半分
諦めていた)ので、ネットでの発表を見るのもブルーで(-_-;)
なので番号を見つけた時にはうれしさというより、驚きが強く。



そして並び番号だった同級生たちの番号がなかったショックも。


そうなんです、とても残念なことに、同じ学校から受験したあとの
二人が、不合格だったんです。


二人の同級生たちは女子で、面接直後は「うまく出来た」と
相当うれしそうで、大いにやらかしちまって落ち込むにゃん太と
対照的で、面接の結果から、まさかこんな真逆な結果が出るとは思いも
しませんでした。

にゃん太が受けた学校は、内申と面接が1:1。
にゃん太は内申で救われたとしか思えません。

反対に同級生たちは内申で泣いたのだろうと思うのです。

二人の同級生は女子で、その子達の受けた学科はほとんどが女子。
面接をそつなくこなす女子達の中では、面接で差をつけるのは
難しかったのだろうと思うのです。その子達の内申が、どういう数字だった
のかまではさすがに知りませんが、一人の子のお母さんとは面接前に
ちょっと話をしたのですが、副教科がずっとイマイチだったと言っていたので、
おそらくにゃん太のようなほぼパーフェクトという数字ではなかったの
だと思います。もう一人も、学年トップ10に入ってくるような子では
なかったので、ひょっとしたら基準内申をギリギリクリアしていたくらい
だったのかもしれません。


推薦にしても一般にしても、当日は何があるか分かりません。

例えいくら学力に自信があっても、受験シーズンがこの真冬であることを
考えれば、当日体調が悪くなることだって十分考えられます。
何があるか分からない中、やはりそれを少しでもカバーできるように、
1つでも多く、内申を稼いでおくことは重要なんだとつくづく思いました。


内申はお守りみたいなものなのですね。


あともう一つ思ったことがあるのですが、時間がないのでまた次回!



とりあえず二学期オール5!
2011-12-22 (木) | 編集 |
仮評定から期末テストを経て、4だった技術家庭が5に上がり、
願書を出してしまった今となっては今更な感じがしますが、
二学期の通知表、オール5でした!

すみません、コメントのお返事などしたいのですが、クリスマス終了まで
1年で一番忙しい時期なので、週明けに詳細などゆっくり書きます!!
にかとさん、ごめんなさい〜!

取り急ぎ今日はご報告のみで〜!


期末の個票が来ました
2011-12-07 (水) | 編集 |
期末の結果です。

国語 80
社会   96
数学  100
理科   97
英語   97
合計  470

学年順位 4番

ま〜〜こんなもんでしょうね。
国語の80点がほどよく効いてます(;´Д`)

ちなみに学年最高は488点!
国語が満点近くてやっと並ぶ点数です。

いよいよにゃん太の学校でも、天才が努力し始めたのかもしれません(・∀・)


にゃん太、模試を終えましたが、数学の時間配分に失敗したようです。
規則性を見つける問題に時間をかけすぎて、後で埋めようと思っていた
3問を埋める時間がなく、空欄にしてしまったとのこと、相当に
悔しがってました。

規則性の問題は、あとちょっとで解るのに・・・というところでヤメるのは
確かにちょっと難しい。でもだからこそそういう問題は、最後に残して
時間に余裕があったら取り組むようにしないと。

まだどの問題を捨て問にするか、判断出来ないようですね。
多分、何も考えず、最初から順番に解いていっているのでしょう。
問題に取り掛かる前に、ざっと問題に目を通して、どういった順番で
手をつけるのか、そういった指導が必要な時期かなと思いました。

今度塾の先生に相談してみましょ!



徒然なるままに・・・
2011-12-05 (月) | 編集 |
期末の結果が出てきました。
とりあえず5教科合計470点。

なんと国語だけで20点の大失点!!Σ(゚д゚lll)ガーン

国語ね・・・。
9月末で先生が変わったんです。
担任だったんですけどね。
この大切な時期に、担任が変わるってどんな!?
って感じですが。ま、4月からわかってたことなんで。

先生が変わるということは、テストの形式も変わるということで、
対応出来なかった生徒が多数いた模様、にゃん太が特段悪かったという
こともないようです。(もちろん90後半の高得点の子もいたようですが。)

技術家庭は無難に90点台を叩き出してましたが、
もう内申出ちゃってますし。

個票はまだです。
でも国語が80じゃぁ、期待できませんな(-_-;
コメント欄には「学年順位1位」の報告が相次いでますが〜
(記事をご覧の皆さま、ゼヒゼヒ前回記事のコメント欄をご覧下さいませ!!)
エラソウに言ってた我が家がこれで、お恥ずかしいです。

また個票が来たら、ご報告します。正直にね(笑

そして今日、検定料の振込に行って参りました。
万札が飛んで行きました。高専の受験料高いよう〜〜(T_T)(16500円)
なんとしてでも合格してもらわなければ困りますね!

試験当日の宿泊もおさえました。ちょっとした小旅行です。
なんたって飛行機まで予約したんですから(・∀・)!
慣れない都会でのレンタカー運転に自信がないので、夫まで動員です(笑
いよいよな感じがします、あと1ヶ月ちょいです!
家族3人で挑んできます!どんなよ〜〜〜

そんなにゃん太は今日は塾で模試を受けてます。
どうも最近の様子では、夏がピークだった感じで、ギリギリ維持出来てるか、
下手したら下がってるかもしれません。ここらで一発ガツーンと落ちて、
目を覚ましたほうがいいような気もしています。


今日はこんな、徒然な感じで〜〜(笑